インフォメーションインフォメーション

【新型コロナ】ご妊娠を希望して通院なさっている患者様・ご家族様へ

ご妊娠を希望して通院なさっている患者様・ご家族様へ
 
このたび2020年4月1日付で、私たちの所属している日本生殖医学会から新型コロナウィルス(COVID-19)に関する声明が発表されました。
 
内容の要旨を記しますと
新型コロナウィルス(COVID-19)は感染力の高いウィルスで重症肺炎などを起こす感染症として世界的な広がりをみせています。日本国内でも今後感染爆発が心配されています。
新型コロナウィルス(COVID-19)が妊娠・特に妊娠初期の赤ちゃんに及ぼす影響は不明で、お母さんから赤ちゃんに感染するのかどうかも分かっていません。
しかしながらインフルエンザなどと同様に妊婦さんが感染すると重症化する可能性があるといわれていることや、治療薬として妊娠中に使用できない薬が試されていることから、ご妊娠した後にこのウィルスに感染すると対応が非常に難しくなることが予測されます。
この様なことから新型コロナウィルス(COVID-19)感染の急激な拡大の危険性がなくなるまで、または妊娠時にも使うことができる予防薬や治療薬が開発されるまでの間、不妊治療を延期するという選択肢を患者さんに提示してください。
すでに採卵を予定している患者さんについては胚凍結をお勧めしてください。
その他人工授精・体外受精・胚移植・不妊症に関わる手術などの治療に関しては可能な場合延期を考慮してください。
というものです。
 
この声明を受けて当院では今後以下のような対応を考えています。
タイミング指導や人工授精などの一般不妊治療は、排卵誘発剤などですでに準備に入っている患者様を除き原則延期が望ましいと考えていますが、最終的には患者様個々のお考えをお聞きして方針を決定したいと思います。
検査結果により、再開時にむけて何らかの準備(精密検査・治療・他科への診察依頼・サプリメント投与など)が必要となる可能性がある検査に関しては適時行わせていただきます。
体外受精・胚移植に関しては、すでに治療周期に入っており、風邪症状や発熱がなく患者様やご家族の行動歴・周囲環境から新型コロナウィルスに感染している可能性が特に高くないと考えられる患者様の採卵は行わせていただこうと考えています。その場合、受精卵の凍結をおすすめします。
凍結融解胚移植を含む胚移植は、現在治療周期に入っている患者様を除き、延期させていただきたいと思います。
 
その他必要に応じて、随時ご相談させていただきますのでどうぞ遠慮なくお声がけください。
一日も早いご妊娠をご希望されている患者様・ご家族様におかれましては誠に申し訳ありませんが、現状をご理解いただきお許しいただきますようよろしくお願い申し上げます。 
  
秋山レディースクリニック
                                               秋山芳晃

2020.04.06

お知らせ一覧へ戻る

Copyright © 2016 AKIYAMA LADIES CLINIC.
All Rights Reserved.